翁知屋HP、ブログ

翁知屋ネットショップ


翁知屋目次

秀衡塗について
翁知屋について
翁知屋店舗情報
店主 佐々木優弥
お手入れについて

商品ブランド別

秀衡塗商品はこちら

JODO japan商品はこちら

BRILLIANT SCENE商品はこちら

翁知屋展開別

うるし塗り体験はこちら

翁知屋展開別


カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
最新のエントリー
最新のコメント
過去のエントリー
カテゴリー
リンク

うるし塗り体験 & 取材

皆さんこんにちは

毎日寒くなってきましたね。

 

今日はここ最近のうるし塗り体験工房KURASへ来店いただいた皆様と取材のご報告です。

仕事関係で色んなことが毎日あったので、書けないでいました。

 

2週間前の10月30日は、午前と午後、2つの団体さんがうるし塗り体験で来店いただきました。

こちらは午前中に来られた名古屋から観光に来られた団体様。

 

 

午後は、蔵で仙台の留学生10名にうるしを楽しんでもらいました。

国籍もバラバラです。通訳の方がいるとのことでしたので、体験を引き受けました。

うるしかぶれが起こる場合があるので、説明で言葉が通じないのは少し怖いので。

 

外国人の方々は鼻歌歌いながら、絵つけを楽しんでいましたよ。

 

こちらは岩手県北の商工会青年部さんがうるし体験と経営研修をかねて来店頂きました。

 

事前に連絡がきて、経営革新事業や補助ファンドの使い方、当社の経営方法などの話を聞きたいとのことで、

対応させて頂きました。皆さん経営者ですし、私より売り上げや抱えている従業員が多いところもあるかと思うので

特別なことは言えませんが、当社の経営で現実で試行錯誤してきたことや経営革新であれば審査内容の話等をさせて

いただきました。

水曜は定休日で、休みなんて贅沢だなんて言う人もいますが、取材やら棚卸しやら経営相談やら、営業日だとゆっくり

対応できないことを実はやってるんですよ〜。

 

 

最後は取材撮影。詳細は映像ができたら報告します。
今回、6kのカメラで撮影していかれました。
撮影の中で良い場面があれば、画像を切り抜き、拡大ポスターまで作れるとのことです。
年取ると機械の進化と人の発想の可能性に、段々ついて行けなくなるんだろうな〜という感想を持ちました。

 

それではまたまた。

 

 

| YUYA@翁知屋店主 | 翁知屋のこと | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京蒔絵教室 5日目

皆さんこんにちは

今日は東京の蒔絵教室についてです。


今回は仕上げの粉固めの方法を習いました。
蒔いた金を上からコーティングするのだが、【生漆・スグロメ漆・梨地漆】とのせる漆を変えたり、のせる作業自体も綿で

刷り込む方法、紙で余分な漆をとる方法と色々教わる。

 

 

先生が作った仕上げのサンプル板をみせてもらう。

金粉の形や大きさの違いで、おおよそ50種類ぐらいあるようだ。

 

 

今習ってる蒔絵の基本、平蒔絵は、〈図案 × 描く漆 × 蒔く金 × 固める漆〉の掛け合わせにより、表現が無限にできる。

 

 

さらにもっと高度な技法があり、研ぎ出す蒔絵方法、立体感を出す蒔絵方法と掛け合わせると無限の組合せになる。

 

平安時代ごろから始まったと思われる日本独自の蒔絵技法が、それぞれの時代の職人の研鑽により進化しながら、1200年かけて

継承されてきてる。

 

はっきりいってプロでも作業工程や技法を確立して作業したり、品物を見分けたりするのが難しいのだから、一般の人は

ワケワカンナイってなりますよね。少しの模様でもやたら高額だなぁって、思うだろうな。

でも印刷ではない、本物の蒔絵だと、やっていることは手間がかかっていますよ。

 

本物の蒔絵技術に関して、国の文化財修復保存以外には、興味があって、色々理解した上で、技法やデザインなどが気に入って

価値を見いだせる人や美術コレクターにしか、販売ルートがない理由もわかる気がします。

少しでも蒔絵が理解してもらえるように書いたら、長くなりました〜。

 

地元平泉にある中尊寺・金色堂はこれらの蒔絵技法の他、螺鈿や象嵌技術などの無数の掛け合わせで、表現されています。

詰まっている技は、他に類を見ない、世界最高峰の工芸品のようなお堂だと思います。

 

それではまたまた。

| YUYA@翁知屋店主 | 漆の話 | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
溜ゆい 

皆さんこんにちは。

溜ゆい完成しました。

 

今回は純金消粉蒔絵バージョン製作してみました。

白漆を刷毛目状に色漆と混ぜて塗り、各模様は、すべて1品物になっています。
主に20〜40代の女性の方々に、ご自分用として、ご好評頂いてます。
男性の皆様、女性へのプレゼントとしても喜ばれますよ〜。

 

【溜ゆい】
洋服を着る日本人女性に、少しでも手軽に和の小物を取り入れてもらいたいという思いで製作しています。
この溜ゆいを付けると、日本人として誇りがもてたり、自慢できたり、そんな品を目指しています。

 

販売価格 5400円(税込)

 

紅葉・沢潟・千鳥などの古典模様から、現代風の模様まで、様々描いております。

 

地色の色漆には、白漆で刷毛目を入れて、手作業にしかできない、一瞬の色彩を表現しています。

 

現在の当店の在庫状況。

 

 

黒髪を束ねた雰囲気

 

 

茶系の髪色を束ねた雰囲気

 

黒髪はもちろん、茶系の髪色にも合うのが人気の秘訣です

皆さんがうるしを気軽に身近に楽しんでいただければと思います。

 

それではまたまた。

 

 

| YUYA@翁知屋店主 | 翁知屋秀衡塗商品 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
2016年 中尊寺紅葉

皆さんこんにちは。

アメリカの選挙結果にはびっくりしました。今後日本にもかなりの影響があると思います。

 

7日、月曜日に中尊寺へ納品に行きましたが、紅葉が最高潮をむかえていました。
昨日今日と天気が崩れましたが、まだ大丈夫なはずです。はっきり言って今すぐ来るべきです!!!(笑)
本当に美しいです。ついでにウチの蔵の紅葉も真っ赤に染まりました〜。

 

 

 

 

 

それではまたまた。

 

| YUYA@翁知屋店主 | 平泉町案内 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
私なりの社会還元。一般財団法人岩手経済研究所発行機関誌への文章掲載と多摩美術大学への臨時講師

皆さんこんにちは。

紅葉も始まり秋の平泉観光も華やかになってきました。

 

今日は最近、今までの事業活動を、文章や臨時講師として、依頼される機会に恵まれましたので、ブログに書きます。

はっきり言うとほぼボランティア(文章は謝礼1万ぐらい、臨時講師は飲み代ごちそう(笑)です。)なので、私なりの社会還元と

思っています。

 

私自身感じたことですが、25歳ぐらいで先代をなくし、13年ぐらい何とか続いてきましたが、実践の経営を学べる環境が今の

日本にはあまりになさすぎる様な気がしています。私自身も多くの経営本を買って読み漁って、実戦で試してやってきました。

 

大学や専門学校などの講義する先生側が、土地や建物・財産を担保に、真剣に事業経営した経験がない人だと、教えれない状況もあるのかと思います。

ただ高額な学費(私立美術大学だと年間約150万ぐらいでしょうか)を払って、食べて生き方(生活の仕方)

を教えないのは、今の時代、学生にとっては少しかわいそうかなぁ〜と勝手に思っています。

多分今後、現役の成功している事業経営者を取り込みながら、自己表現と経営も教えるような美術大学が出てきて、それは地方であっても、すごく人気がでるような気がします。私の肌感覚ですが、現状打破できるクリエイティブな人材は社会がすごく求めている気がします。

 

前置きが長くなりましたが、まずは

【一般財団法人 岩手経済研究所】発行の機関誌への文章掲載

こちらは岩手銀行さんの出先機関でして、2ページ分書いてほしいと依頼が来まして、いままでやってきた経営のことを中心に

書かせていただきました。本当は5千文字書いてしまいましたが、紙面の都合で半分になり、言葉足らずな部分があるかと思います。

 

私と同じように先代がはやく亡くなり、借金に苦しんでいる境遇に今なっている若い経営者の方や、これから新しい事務所を始め

る方に読んでいただけると、書いた甲斐があったなぁ〜と思います。

 

私程度のものが書いた文章ですので、大企業や億万長者になれるノウハウではないですが、小さな会社でも、仕事を楽しんで

工夫して、真面目にコツコツやれば、五千万以内の借金であれば、時間かけて着実に返せるから、心配しないで頑張ろう!って

いう内容です。

 

 

 

 

 

 

 

 

それから次は、多摩美術大学での臨時講師のことです。

こちらは、2012年一緒にグットデザイン賞をとったり、当社のロゴ(衣マークや体験工房のロゴ)などを製作頂いている、石田和人先生の講義に臨時講師枠で参加してきました。


プロダクトの作り込み方は多摩美の優秀な講師の方々から普段色々な手法を習っていると思うので、私は、【仕事の取り方】や【経営の仕方】【情報発信】【外部評価の基準】など商品をよりいかす手段を話させてもらいました。


すぐに講義感想を文章で頂きましたが、とても嬉しい反応をいただきました。

作った先を考えたことがなかったから自分で少しやってみようとか、美術業界の現役の経営者の話を聞く機会はなかったとか。

 

芸術・美術の自己表現プロダクトを作って行こうという人は、恥ずかしがったり遠慮したりしていては、チャンスは一向に来ないと思います。ぜひ学生の枠をはみ出して、どんどん外にでて、自分の品を他人にみせて評価され、改善されてほしいと思います。
今後、翁知屋や平泉も美大の学生とかいれて、クリエイティブする機会を作っていきたいとおもいます。

 

 

 

 

それではまたまた。

 

| YUYA@翁知屋店主 | 翁知屋のこと | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
【文芸秀衡塗展 みちのくの言の葉】

皆さんこんにちは。

 

1年前から準備をしてきました企画展【文芸秀衡塗展 みちのくの言の葉】ただ今開催中です。

 

会場の中尊寺さま
企画会社の(株)六曜社さま
日本全国の参加頂いた俳人・歌人の皆様...
平泉町、平泉観光協会
各皆様のご協力により、無事に開催できました。ありがとうございました。

 

最高に美しい企画展になっております。

また、私のイメージを形にして製作にご協力頂いた職人や関係各所の皆様、ありがとうございました。

今回美しい文字にこだわりましたので、字を書ける蒔絵師がいてよかったです。

もちろん私も文字入れの製作もしました。

 

今回の参加者の方々が日本全国各地から平泉観光もしながらわざわざ訪れています。

私もできる限り説明していて、いいものを製作してくれたとお褒めの言葉を頂き、とてもうれしくなります。

特に【文字】が、素晴らしい・美しいと、おっしゃっていただき、腕利きの蒔絵師2人と私で、力を入れ製作した

部分でしたので、心を込めたことが伝わったのがよかったです。

 

こちら会場 かんざん亭2F

 

中尊寺境内は紅葉が色づき始めています。

 

会場入り口です。

 

会場全体風景

 

商品写真。

 

 

お任せでお花を注文しました。

 

 

 

< ここからは約半年分の制作風景になります >

 

お盆の木地と塗り職人から仕上がってきて、6月ごろから文字の型紙296枚製作いたしました。

 

金文字入れ。今回は純金粉で仕上げていますので、文字が遠くから見てもくっきり見えます。

 

 

人生の中でも、思い入れある企画展になりました。

 

それではまたまた。

 

| YUYA@翁知屋店主 | 翁知屋秀衡塗商品 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
岩手国体開催に際し、天皇・皇后両殿下の御用食器一式を製作
皆さんこんにちは。
もう10月も中旬ですね。平泉はかなり寒くなってきました。
9月29、30、10月1日と緊張の3日間が何事もなく終わりましたのでご報告します。

岩手国体開催に際し、天皇・皇后両殿下の御用食器一式を製作させて頂きました。
46年前の前回岩手国体にて、祖父・佐々木誠が務めた光栄な大役の相談が、今年4月にきまして、今日まで
気の抜けない日々でした

5月に伊勢志摩サミット贈呈品に選定頂いたことも大変有り難かったですが、岩手県人・日本人として、また家業
の歴史としても、今回以上名誉なことはありません。今持てるものすべてを出しきりました。
両殿下には、東北大震災が起こってから今まで、多忙な公務の中、何度も被災地岩手に訪れて頂けて、本当にあり
がたいことでした。
ご協力いただいた各関係者・職人の皆様、ありがとうございました。
毎回思うことですが、本気で仕事と向き合っている方々に会えるのが楽しくて、なんとか自分も頑張っていられます。
漆作業は各工程の職人のリレーみたいなものでして、今回アンカー役の絵付けの私は、細かい金箔を貼るとき、久々に
手が震えました。
皆様へのお礼には、また手が震えるようなお仕事もって伺おうと思っています(笑)。

このような仕事を頂けるのも、普段から当社へ質の高い品を求めてくるお客様のお陰です。
工芸の業界も厳しい業界であり、実績しか評価されないシビアな世界です。
今後も、皆様がここぞ!というとき頼りになる企業を目指し、日々腕を磨いときます。
それではまたまた。
| YUYA@翁知屋店主 | 翁知屋秀衡塗商品 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
カメラ新調!フジ【X-T1】

皆さんこんにちは。

9月はなかなか更新できなかったので、まとめ更新します。

 

<9月30日>

5年ぶりにカメラを新調しました。
新モデル登場時期により、半値ぐらいにお買得になったフジの【X-T1】にしました。
今まで使った【X100】には、当社の商品写真の質を格段にあげてくれて、本当に助かりました。
さらに何倍も進化してる【X-T1】での写真撮影楽しみです。

 

 

それではまたまた。

| YUYA@翁知屋店主 | 佐々木優弥 私事 | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
第二回目の蒔絵教室

皆さんこんにちは。

9月はなかなか更新できなかったので、まとめ更新します。

 

<9月24日>

第二回目の蒔絵教室のため東京出張しました。
秀衡塗の蒔絵筆の使い方と全く異なるやり方でした。
少し説明すると、秀衡塗は漆絵のため、漆をなるべくもり上げ、筆のハライやカスレなどを手作業の表現として重視しています。
蒔絵は、漆を筆の後が残らないように上下左右撫でながら、出来る限り薄く均一に塗り面を作る。

 

今回、金粉も蒔いてみました。金粉19500円。結構しますね。

 

教室終わりに、日本橋の三越で日本伝統工芸展をみてきました。

どれも精巧な作りです。人間国宝作も一緒に飾られ、各品も、1個、何十〜何百万単位の作品ですからね。

 

日本は普段使用の工芸品〜国宝クラスの品まで、木竹・陶器・漆・人形・着物・ガラス・金工…様々な工芸部門があって、

改めて凄い国だと思っています。

 

 

それではまたまた。

| YUYA@翁知屋店主 | 伝統工芸の話 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
ギフトショー& 燕三条VS高岡

皆さんこんにちは。

9月はなかなか更新できなかったので、まとめ更新します。

 

<9月9、10日>

9日はギフトショーへ。

知り合いの方々に会ったり、店舗で使えそうな品を見に行ってきました。

 

日本橋にできた富山館も視察に。

岩手の物産館よりもおしゃれです。

 

夜は今工芸の産地で元気のいい2か所、燕三条(新潟)VS高岡(富山) のオープニングに行ってみました。

 

銅製のグラスにビールを注いでもらいました。ホントにキーンと冷えて素晴らしかった。

つまみは、ホタルイカ。おいしいですね〜。

 

それではまたまた。

 

| YUYA@翁知屋店主 | 伝統工芸の話 | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.