翁知屋HP、ブログ

翁知屋ネットショップ


翁知屋目次

秀衡塗について
翁知屋について
翁知屋店舗情報
店主 佐々木優弥
お手入れについて

商品ブランド別

秀衡塗商品はこちら

JODO japan商品はこちら

BRILLIANT SCENE商品はこちら

翁知屋展開別

うるし塗り体験はこちら

翁知屋展開別


カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
最新のエントリー
最新のコメント
過去のエントリー
カテゴリー
リンク

平泉町 丸井
皆さんこんにちは。師走です。
ブログを書かなきゃと思っていましたが、日々、あっという間に
過ぎていきまして。

今月は全国商工会事業で製作しております、新漆器JODOJAPAN
のお披露目の日が近づいているので大慌てです。
もう少ししたら写真掲載したいと思います。

4日はこの事業について地元の新聞記者の取材を受けることになっております。別件で2月号のサライの取材もあります。

さて今日は私の超お薦めのお店を紹介します。
そのお店は「丸井」という平泉町にある小料理&飲み屋さんです。

丸井の店主。話し出したら止まらないマスターです!!


平泉町民に合う確立100%、内装は昭和の時代にタイムスリップしたような
雰囲気です。小さいお店ですが、この密集さと料理が大好きです。

丸井の名物料理<モツ煮> うま過ぎ!!最高です。


こちらも定番の串盛。 ホクホクです。


他に魚料理、予約をすればレバ刺しも出てきます。
どれもお酒に最高のつまみです。
料理のメニューなんかは一切ないので、注文はマスターにお任せです。

地元の濃〜いお話を聞きたい人にはぜひ寄ってもらいたいですね。
だいたい夜11頃には閉まると思います。


さて漆の<豆知識コーナー>です。
今日は漆器のおおもと木地について。

木地はお椀などの丸いものと、お盆や重箱等の角物とに分かれます。
作る工程がまったく違うので、それぞれ専門の職人さんがいます。

お椀に代表される丸物の木地は、木の取り方が2種類あります。
「縦木取り」「横木取り」です。

「縦木取り」は、木を輪切りにして、元々木の立っている方向<天地状>に削りだします。お椀の木目は立て向きです。あまり数を取れないようですが、変形しにくいのと、ふちの強度が強いのが特徴です。ただお椀の中心から割れが入ることがあるので、お椀の底に布きせをしたり補強が必要です。

「横木取り」は、元々自然に立っている木をイメージすると、木の中心を囲むように、お椀を傾けた形状に取って行きます。この場合木目は輪状に現れます。この場合効率よく数が作れます。少し細い木でも取り易いです。
ただこのお椀はたまご型に変形がおきやすく、ふちも壊れやすいので、ふちに布着せをしたほうがいいことになります。

ただこないだ大野の木地屋さんがおっしゃっていたのは、
変形も割れも起きないような完璧な木地は、自然を相手にしているから
作れる訳はないとのことでした。だからなるべくそれが起きないように
乾燥の仕方や削り方を工夫するしかないとのことでした。

面白いことに、変形を見越して木地を引いてほしい人もいるみたいです。
これは生木のままお椀の形に挽いて、それから乾燥させる手順です。
自然のゆがみを利用して一個として同じものがない木地を製作するようです。これが面白いのは、前回よりゆがみが少ない!!もっとグニャっとして
と要望がくるようです。ただそれも無理な要求です。自然ですから…。

とらえる人によって、それが欠点に見えたり、良点にみえたり
不思議なものですね。

それも自然の木の面白さかもしれませんね。
ヤバイ角物のスペースが…。後でにします。

最後に、ここ3週間、スープ作りにはまっていまして、今日はコンソメ味に
しました。醤油・塩・味噌・キムチ・トマト、それぞれの味を混ぜたりして
ほぼ毎日味を変え、野菜盛だくさんで楽しんでいます。

その時に天然木の大ぶりの漆のお椀はホントに重宝します。
それと心持ち体の調子もいいんですよ〜。

よかったらご自宅にあるお椀<天然木&漆>で試してみてください。

今日のスープ。コンソメ&かつおだし。
栃の木・ふき漆の「横木取り」マイ椀です。ちょっとお椀がたまご型?!


それではまたまた。

| | 店主<おすすめの店> | 22:41 | comments(0) | - |
山形県天童市 そば吉里吉里<きりきり>
皆さんこんにちは。
私は昨日山形県天童市にある、お蕎麦屋さん『吉里吉里(きりきり)』
に友達と行って来ました。朝7時ごろに車で家を出て、ゆっくり途中、作並温泉に入りながらいきました。かなり天気が良く、走りやすかったです。

吉里吉里さんとは、以前にブログで紹介したお蕎麦をのせる器を頼まれて、
ぜひ一度食べに行ってみたいと思っていたところでした。
サンプルを気に入っていただきまして、いま木地師さんに頼んでいます。
業務用のため、なるべく慎重に製作したいとのことで、荒取りのまま乾燥してもらっています。

場所は住宅街で、一見普通の家みたいなので、気づきにくいところにありますが、簾がかかっていて、品のいい藍色ののれんが清潔感があっていいなと思いました。


お蕎麦は、ご主人が手打ちした、『ざいごそば』と『せいろそば』」の相盛を頼みました。お蕎麦のことを詳しくはわかりませんが、どちらも十割蕎麦といわれる作り方をしているそうです。それから『鰊のやわらか煮』と自家製のお豆腐も頼みました。

『ざいごそば』と『せいろそば』」の相盛。いい器です。


自家製のお豆腐二種類。いままで食べたことがないおいしさです。


お店の中の雰囲気も良くて、どれもおいしく頂きました。
中でも『鰊のやわらか煮』と自家製のお豆腐に感動しました。
鰊はとろけるようにやわらかくこれでお酒が飲めれば最高でした(今度は泊まりで行こう)。

気を使っていただきまして、ありがたく頂きました。


食事が終わって、まだお店が忙しい様子だったので、午後2時半ごろ
あらためてお店に伺いました。

40分ぐらいご主人と奥さんとお話をして、ご注文いただいている器の
色具合とか、今使っている器のお話などを伺って、やはり作り手だけの
視点では気づくことができない、様々なお話ができて大変勉強になりました。
またあらためて、使われる現場を実際に見てみることの大切さを
知ることができました。やはりお店によってそれぞれ個性がありますし、
内装の雰囲気も違いますしね。

お話をしていて、二人とも器が本当に好きみたいで、こだわりがあり、わりと個性のある器が好みのようでした。もう一種類サンプルの製作依頼を頂いてきました。
どちらかというと、今までの漆器業界が製作してきた品がある器よりは、
彫り物などをして、ザクザク荒々しい感じで製作してほしいとのことでした。
多少遊んでもいいとのことなので、とりあえず初めて彫り方もしてみる
ことにしました。

最近お客様から言われることに共通するのは、ゴミ一つない、刷毛目もない
スッーとした漆器は、美しくて伝統的なんだろうけれども、どこか使いづらくて、
扱いにくいといわれるときがあります。

伝統的な美しさを評価される方もいらっしゃいますし、そうではなくてわりと個性的なんだけれども、手にとりやすくて、愛着が持てるような品物をほしがっている方もいるんだなぁ〜と感じています。

伝統とは漆の器とはなんなんでしょうかね??

今はどちらかに偏ることなく、製作していきたいと思います。
いづれ自分なりの漆器製作ができるといいなぁ〜

それではまたまた。
| | 店主<おすすめの店> | 19:06 | comments(0) | - |
新年あけましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

お正月は久しぶりに同級生とあったりして、いろいろと
仕事以外の話ができてリラックスできました。
今年の6月で30歳になるのですが、けっこう結婚している人が
増えてきて、子供がいる人などもいて、なかなか集まりにくくなって
きています。独身ぐみとしては、色々考えちゃいますね〜。

今日は私が友達とお正月にまわった町内の飲食店の情報を
のせたいと思います。

まずは年越し蕎麦。31日夜〜1日朝にかけまして平泉町の駅前で
商工会青年部による甘酒配りをしていました。
その楽しみといえば駅前芭蕉館の『天ぷらそば(700円)』を食べること。
外でテント張ってやっているので、けっこう冷えまして、
そんなときのあったかい蕎麦は最高!!です。天ぷらもサクサク
でおいしかったです。たぶん来年も。


こちらは高校の同級生と前の日に家で飲み会をして、
次の日の昼頃、初詣に毛越寺に出かけた時に、境内の中の
お店でいただきました『もち御膳(1000円)』です。
お雑煮を含めて、6種類のもち料理が楽しめました。
なかでも、ずんだ餅とくるみ餅はおいしかったです。



こちらは中学校の同級生と、焼肉八っ花にて注文した
Dセット(1750円)です。
このボリューム・この価格で、前沢牛が食べれるなんて最高で、
めちゃくちゃおいしいです。
とにかく最高でもう一皿たのんでお腹いっぱい満足満足でした。

次の日に大学生の弟が帰ってきてたので、やっぱり焼肉八っ花
に行っちゃいました。


お正月はこんな感じで過ぎていきました。
おかげで胃の調子があまり良くなかったので、さっき鼻から
カメラを入れてみてもらってきました。結果はなんでもなく
きれいな胃だったのでよかったのですが、カメラをいれるときは
かなりつらかったです。初めてで慣れてなく何度も嘔吐ぎみで・・・。


平泉町内にはけっこう地元の人が通うお店があって、おいしいので
観光に来た時にはぜひお立ち寄りください。食べすぎには注意です。

それではまたまた。


| | 店主<おすすめの店> | 13:07 | comments(0) | - |
秀衡塗実演・水高サッカー部OB飲み会
さぼり気味のブログを更新します。

今月のはじめは<平泉レスト>にて、
秀衡塗ストラップの実演販売をしました。
その場で、お客さんの名前をお入れして、
漆が乾かないので、箱に入れてお渡ししました。


ただ<平泉レスト>にこられるお客さんは、
ツアーのお客さんでとにかく時間がないみたいで、
今すぐできないなら難しいと断られてばかりでした。

そんな中でも4名の方がお買い上げいただきまして
どうもありがとうございました。




12日の土曜日は、半年振りぐらいに、
水高サッカー部の同級生4人でかなり遅くまで飲みました。
もう何人か誘ったのですが、予定があわなく残念でした。

奥州市水沢区(合併したばかりで、なんか言い慣れない・・・)
のイタリアン居酒屋<パスト>にて集まりました。
パスタ・ピザなどボリュームもあり、美味しくて、お値段もお安く
かなり満足でした。

よかったら一度行って見てください。









| | 店主<おすすめの店> | 09:57 | comments(0) | - |
一関市おいしいラーメン店 「丸長」
今日は、私のおすすめラーメン店「丸長」を紹介します。

このお店は、平泉町のとなりの一関市の駅前にあります。
外観・内装もとてもきれいで清潔感があります。

お店の外観





肝心のお味のほうは、スープは魚海系と豚骨系が混ざっている感じですが、
カツオのだしがかなり主張している感じのスープです。
ホントに癖になるスープです。

麺は中太で、そんなに縮れてはないですが、
スープがかなりからんできます。

チャーシューが私のおすすめで、口の中でとろけて、
めちゃくちゃうまいです。
あまりにおいしいので、チャーシュー・メンマ・煮卵の
<おつまみセット>(200円)も頼んでしまった・・・。

煮卵もしっかり半熟でラーメンのおいしさをアップさせています。

今回は餃子(350円)も一緒に頼みました。

確か名前は<特製丸長ラーメン>
このボリュームで750円




餃子350円・おつまみセット200円


もう一人、一緒にいった親戚は、つけ麺を頼みました。
だいたいラーメンはつけ麺を頼むみたいです。
つけ麺をここまでしっかり作れるところは、なかなかナイと言ってました。

丸長つけ麺600円



二人とも、岩手県内でも、なかなかここまで
おいしいラーメン店はないのではないか、
と勝手に思っております。

ラーメンはホントに人それぞれ好みがあり、
好き嫌いがあるとは思いますが、
どうぞ気楽に、このお店のラーメンを食べていただければと思います。

私の説明が足りない部分や、わかりにくい表現は、
とにかく一度食べていただければ、わかって頂けると思いますので
ぜひ味わってみてください。

もしお気に召さないようでしたらスイマセン。

それではまたまた。

| | 店主<おすすめの店> | 18:25 | comments(0) | - |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.