翁知屋HP、ブログ

翁知屋ネットショップ


翁知屋目次

秀衡塗について
翁知屋について
翁知屋店舗情報
店主 佐々木優弥
お手入れについて

商品ブランド別

秀衡塗商品はこちら

JODO japan商品はこちら

BRILLIANT SCENE商品はこちら

翁知屋展開別

うるし塗り体験はこちら

翁知屋展開別


カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
最新のエントリー
最新のコメント
過去のエントリー
カテゴリー
リンク

main
岩手県立美術館 <琳派 若冲と雅の世界展>
皆さんこんにちは。
平泉町は最近寒くなってきています。
これから紅葉が進んできれいになってくると思います。

先週は盛岡に行って展示会を見てきました。

岩手県立美術館では京都 細見美術館の美術コレクション<琳派 若冲と雅の世界展>を見てきました。美術の教科書で見たことがあるコレクションが見れてとても良かったです。岩手県立美術館ではここ最近良い展示会がかなり続いていて毎回見に行っています。

岩手県立美術館<琳派 若冲と雅の世界展>


今回の琳派・若冲の世界はなんといっても、木々の配置や見せ方・余白の感じ、繊細な表現などが、本当に日本の美術の原点のような展示会ですごく勉強になりました。やはり日本の色彩の豊かさは世界一すばらしいと思います。また若冲の繊細な鶏の絵は見とれてしまいました。背景に描かれている雪山の感じもまたいいんですよ。

見てきた熱が冷めないうちに、帰ってから溜ゆいに描いてみました。
ピンクと白のマーブル塗りの背景に杜若を配置。このピンク&白の感じは今後もお椀や銘々皿にも使ってみようかと考えています。
どうでしょうか??


こちらは溜色にゆりの花を描いてみました。色うるしはしっかりと色彩を出すのにけっこう苦労します。溜ゆいはワンポイント図柄があるものが人気ですぐに売れてしまいます。


お客様より以前作っていたブルーの溜ゆいが欲しいということで、何個か色違いで製作してみました。



それから、盛岡では八幡平市安比漆工技術研究センターの研修生OBの皆さん26名の作品が南昌壮に展示されていたので行ってみました。様々な技術を駆使した作品が並んでいて見ごたえがありました。このような展示会が岩手県でできるのは、「漆の国いわて」としてとても魅力的なことだと思いました。

盛岡南昌壮正面玄関。


10月10日からは平泉町で岩手うるし文化展があります。
岩手県で芸術や文化にどんどん力を入れてもらえると観光的に魅力になり、独自の文化・表現がうまれていいなぁと思います。

だから今後も岩手県立美術館には一流の方の作品を見れる機会をつくってもらえるとありがたいなぁと思います。

芸術の秋を皆さんも楽しんでください。
それではまたまた。
| | 岩手県内行事情報 | 15:37 | comments(0) | - |
Comment
名前
メールアドレス
URL
コメント
  
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.