翁知屋HP、ブログ

翁知屋ネットショップ


翁知屋目次

秀衡塗について
翁知屋について
翁知屋店舗情報
店主 佐々木優弥
お手入れについて

商品ブランド別

秀衡塗商品はこちら

JODO japan商品はこちら

BRILLIANT SCENE商品はこちら

翁知屋展開別

うるし塗り体験はこちら

翁知屋展開別


カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
最新のエントリー
最新のコメント
過去のエントリー
カテゴリー
リンク

中尊寺境内かんざん亭さんにて出張うるし塗体験
皆さんこんにちは。

今日はもう一つ。
次回の出張うるし塗体験の会場が中尊寺に決まりました〜!!

8月6日、中尊寺境内にあります『かんざん亭』さん2階にて、木製のカレースプーンに漆で絵付け体験になります。
開催時間は午前10時。1時間30分の体験になります。

製作物の木製カレースプーン。
写真の絵はサンプルです。当日はご自身の好きな絵を自由に描くことができます。




体験後、1週間ほど乾かしまして後日発送になります。

毎回うるし塗体験のご注意点としてお話はしていますが、本物のうるしを扱いますので、かぶれ等がおこることもあります。
ご自身で十分にご注意ください。また治療費等は保障できかねますのでご理解ください。


参加希望の方は中尊寺HPよりお申し込みください。
当社では受け付けはしていません。

中尊寺HP うるし塗体験予約ページ ↓↓
http://www.chusonji.or.jp/topics/page.php?p=195

日時: 8月6日 10時から
場所: 中尊寺境内かんざん亭さん2Fの多目的スペース
製作物・内容:  木製カレースプーンへうるしで絵付け

それではまたまた。
 

| YUYA@翁知屋店主 | 翁知屋秀衡塗商品 | 12:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
新商品 親子椀 (親と子)、桐菓子箱
皆さんこんにちは。
今日は新商品2点のご紹介です。

/道厦弌 秧董子>
石川県山中にて漆器木地の轆轤訓練校を卒業後、昨年岩手で独立した木地師 堀くんの独立応援企画。
まずは普通の汁椀を定番として流通にのせてみることにしました。

翁知屋店舗にこられるお客様のなかで、子供椀を探している方が結構いらっしゃいましたので、木目のはっきりしたケヤキ材で、拭き漆で3色仕上げ、まずは模様なしで、子供椀、親碗を展開してみることにしました。




子供椀
サイズ:直径11cm × 高さ5,5cm
価格:5,400円
材料:ケヤキ
塗装:うるし (拭き漆)


親椀
サイズ:直径12cm × 高さ6,5cm
価格:6,480円
材料:ケヤキ
塗装:うるし (拭き漆)

親と子のサイズは、直径・高さとも【1僉 違います。
重ねるとこんな感じです。子供椀が親碗にかわいく収まります。



黒木目拭き漆

木目拭き漆

朱木目拭き漆


例えばこんな組み合わせで、出産祝いや入学祝いのプレゼントにどうですか!
黒は父親、朱は母親、木目は子供


こちらの商品、まずは翁知屋店舗だけの販売になります。
ある程度軌道に乗ってきましたら、販売店にも置きたいと思います。
本日より販売開始になりますので、ご購入希望の方がございましたら、店舗までお問い合わせください。


次に
桐菓子箱のご紹介です。
こちらは桐材を箱に加工し、漆塗装した商品です。

<桐材の良さ>
桐材は湿気や乾燥による変形が少なく、すきまのない箱を作ることができます。
湿気を寄せ付けず、桐の板は他の材料と比べ熱伝導度が最小である。
桐の板には、タンニン、パウロニン、セサミンが多量に含まれており、細菌や昆虫類の食害を防ぐといわれています。
今回は漆を全面に塗装しているため、さらに菌の繁殖等を防ぎます。

朱と黒を製作


桐菓子箱
サイズ:縦22cm × 横10,5cm × 高さ7cm(蓋2 身5)
価格:5,400円  (1段 蓋と身)
材料:桐
塗装:うるし (拭き漆)


木地の底は、何段でも重ねられるように加工されています。


お菓子をこのような感じで入れてお使いできます。
また、水が漏れないように隅まで漆をキッチリ塗装しているので、お弁当箱としてもご利用できます。


こちらも翁知屋店舗だけのお取り扱いになります。
ご購入希望の方がございましたら、店舗までお問い合わせください。

以上、新商品2点のご紹介でした。

暑くなってきていますので、体調を壊さないようにお気を付けください。
それではまたまた。
 
| YUYA@翁知屋店主 | 翁知屋秀衡塗商品 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
同級生
皆さんこんにちは。

今日は高校の同級生のシェフが遊びに来てくれて、自家製マカロンをお土産に頂きました。
本場フランスと日本で料理の修行して、今はご実家のレストランでシェフをしています。
他にも輸入ワインや洋菓子のギフト展開もしているとのこと。
ぜひ食事に行ってみてくださ〜い。

エルミタージュ<フレンチ>奥州市水沢区
http://ermitage1983.urdr.weblife.me/




いつか自社の漆器を使用したカフェをやりたいと思っていたので、少し相談にのってもらいました。
今はまだ時期尚早ですが、イメージ写真をパシャリ!





それではまたまた。

| | 翁知屋秀衡塗商品 | 21:30 | comments(0) | - |
松栄堂さま 中尊寺境内弁慶園 オリジナル螺鈿ストラップ
皆さんこんにちは。
お盆にはたくさんの観光客に来ていただきありがとうございました。
翁知屋店舗にも足を運んでいただいた皆様、ありがとうございます。

ありがたいことに、新商品各種、在庫がなくなってしまって、色々作らない
といけない状況です。

さて今日は中尊寺境内にある松栄堂さんの店舗、弁慶園さんのオリジナル螺鈿
ストラップができたので紹介します。
弁慶ゆかりの地、弁慶堂の御膝元ということで、【弁慶の花押】をアレンジ
してみました。

【弁慶の花押】
今でいうと 『弁慶の落款やサイン』のようなものです。
このストラップは弁慶の花押を参考にアレンジしています。
主君に忠誠で剛腕のイメージある弁慶に、いつでも守ってもらっているように感じていただければと思います。

【花押とは】 
文章に署名の代わりに使用される記号・符号。次第に図案化・文様化されていった。
江戸時代まで一般に使われ、現在は印鑑が使われています。


主君に忠誠&豪腕のイメージの弁慶だから、お守りのように思ってもらえると
いいですが。
螺鈿の色も弁慶カラーに合わせて、白色の螺鈿!黒地も弁慶っぽいですね。




一緒に螺鈿ストラップ各種も!!
これから紅葉・銀杏の秋バージョン製作予定です。お楽しみに!!


それではまたまた。


| | 翁知屋秀衡塗商品 | 22:33 | comments(2) | - |
蓋付ハソリ椀、布張り岩手型椀
皆さんこんにちは。
サッカーW杯ブラジル大会はじまりましたね。
攻撃的な日本代表のサッカーがどこまで通用するか楽しみです!!

梅雨時期に入り、うるしの乾きが早くなってきました。
もう少し気温も上がってくるといいんですが。

職人さんが毎日手を入れているお椀が、いよいよ最終工程の上塗りが近づいて
きてます。赤・黒半々で塗って頂いてます。




上段にある、はそり(口つけるあたりが反っている形)のお椀は蓋付です。

下に木が悪くてはじいた木地が見えますが、栃の木で、こちらの工程は、
木地固め(生漆1回)→錆付け・生漆固め交互に(3回)→中塗り(黒・朱3回)
まで終わったところ。漆仕上げのかなりいいお椀になっています。

これから中塗り1回→上塗り→絵付けに進みますが、
紋様の細かさにもよりますが、大体のお値段、1客 30、000円(税抜)
ぐらいの予定です。蓋付ですし、来客用として重宝すると思います。

下段の布張り岩手型椀はふっくらと丸い身の形をしていて蓋なしです。

こちらの工程は、
木地固め(生漆1回)→ふち回り麻布張り→生漆固め→錆付け・生漆固め交互に(2回)→中塗り(黒・朱6回)終わったところ。

かなり丈夫なつくりになっています。
こちらも栃の木です。紋様にもよりますが、お値段は23000円(税抜)
の予定です。

王道の塗り工程を勉強してもらうために、毎日丁寧に塗っています。
完成したらネットショップに掲載するので楽しみにしていてください。

それではまたまた。
| | 翁知屋秀衡塗商品 | 14:21 | comments(0) | - |
新しい木製グラスシリーズ
皆さんこんにちは。
平泉町は毎日寒いです。
翁知屋は明日まで初売り期間です。ぜひご利用ください。

今日は今制作中の新しい木製グラスを紹介します。
こちら↓


手に持ちやすいように下のほうがスリムになっています。
ウイスキーのロックや日本酒を飲んだりするのにいい大きさに
図面を引いてみました。

黒・赤・茶それぞれケヤキの目をいかして、拭き漆で仕上げています。
紋様も入れてもう少しで完成になります。
あまり多くは製作していないので、気に入っていただければご連絡ください。

それからOKINAシリーズの一番人気のグラス製作。
こちらも黒・朱・茶と製作しています。


このグラスは木目を透かした塗りのモノも一緒に製作しています。
こちらはまた違った風合いになります。

最後に万年筆の製作。
卒業シーズンになると人気の万年筆。お世話になった目上の方にプレゼント
するのに最適です。グループで負担しあってご購入される方々が多いです。


こんな感じで今日から2014年翁知屋工房も始動しました!!
今年も一年よろしくお願いします。

それではまたまた。

| | 翁知屋秀衡塗商品 | 19:24 | comments(0) | - |
仏様こけし
皆さんこんにちは。
今日は来シーズンに向けて『仏様こけし』をコツコツ量産中の報告です。
線香入れですが、新年に引いたおみくじが大吉ならこの仏様に入れて
取っていてもいいですね。

宝くじを入れる人もいそうだなぁ〜(笑)

そんな感じでこちらが『仏様こけし』。
『見返り美人風に 見返り仏(笑)』 私はこの蝶の文様が入った後姿も好きなのです。


気をとりなおして正面から。目元を色々な表情にしています。


新しいHP用に制作した画像です。
サイズは小さくしています。



こちらの商品は、定価8400円。

材質はミズメザクラ。

ねじ切り加工
(一本の木をくりぬき、絵柄がずれることなくピタッと同じ所に合う極薄のねじ切り加工で仕上げています。
何気ないこの加工の中にも、熟練の職人の技術が集約されています)

塗装は、<白木部分>  オスモカラー
    <その他のすべての紋様> うるし

サイズは 高さ12,5cm× 直径2,6cm(一番太い部分3cm)

こちらの商品は、翁知屋、中尊寺Shop、盛岡駅内いわて工芸Shopで
展開しています。

商品お問い合わせは翁知屋まで。
電話 0191−46−2306 <水曜定休日>


最後にうるし濾し器を即興で作ってみました。
売っているモノを買ってもいいですが、簡単に作れそうだったので。
こんな感じでまずまず使えました。今後改良していきます。


平泉の柳の御所遺跡では、漆を越した紙とかが発見されているんですよ。
今濾しているこの白い紙のように、当時も職人さんがゴミなどを気にして
濾していたと思うと考え深いですね。

それではまたまた。
| | 翁知屋秀衡塗商品 | 08:51 | comments(0) | - |
木目四方盆完成&使い方提案
皆さんこんにちは。
今日から12月。古い家に住んでいるので寒さが厳しくなってきています。
みんなで鍋などするのが楽しみな季節でもありますね。

今日はここ最近塗り担当の職人さんが四方盆を製作していましたが、先日完成しましたので、器として使い方の提案です。

四方盆は通常お茶の世界で使われてきた器で、和菓子などをのせる器として
使わます。

今回製作したものは、栓の木の木目を活かし拭き漆で仕上げてみました。
その上から秀衡紋様を大きめに配置しています。
シンプルな木目には、彩り豊かなパスタなんかが合うのではないかと写真を
撮ってみました。
こんな風に普段使いできると漆の器の可能性も広がるのではと思っています。


実際食べてみて、細かい角があり、傾斜もあるので、左手に持ちやすく、
使いやすかったです。
チーズなどを盛り付けても映えそうですね。


こちらの商品は、色違いで黒い秀衡紋様の品もあります。
定価8400円。

栓の木(変形防止のため底板のみ栓の合板)
うるし(拭き漆仕上げ)
秀衡雲紋様(純金箔使用)
サイズ 21×21×2 (cm) 底面12、5×12,5 (cm)
です。
お問い合わせは店舗までお電話ください。
0191−46−2306です。

それから昨日は漆塗り体験工房KURASの体験もありました。
着物教室の方々が体験にこられました。着物は高価なイメージもあり、
漆が着いたらおちませんよ〜と伝え洋服の方もいましたが、着物姿で
体験された方も多くいましたので、和文化の継承の情熱を感じました。
やはり自分の価値観だけでは、計れない物事がありますね。


それではまたまた。
| | 翁知屋秀衡塗商品 | 10:04 | comments(0) | - |
OKINAシリーズ
皆さんこんにちは。
ご注文をいただいたので、久々にOKINAシリーズのウッドグラスを
製作しました。
記念に新しいHP用に撮影もしました。

クリスマスも近いので、楽しんで使ってもらえるといいなぁ〜と思います。



今後、OKINAシリーズは『BRILLIANT SCENE』という
ブランド枠で展開していく予定です。

それではまたまた。


| | 翁知屋秀衡塗商品 | 14:11 | comments(0) | - |
カフェBOX 螺鈿象嵌バージョン
皆さんこんにちは。

カフェBOXですが、なんとなく無地はさびしく、漆で紋様を入れるのは
うるさいかもと思って、螺鈿象嵌してみました。

今年のグットデザイン審査は2次で残念な結果でした。

ただ、思い入れのある品なので、今後もしっかりプロデュースしたいと
思います。


それではまたまた。
| | 翁知屋秀衡塗商品 | 22:11 | comments(0) | - |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.