翁知屋HP、ブログ

翁知屋ネットショップ


翁知屋目次

秀衡塗について
翁知屋について
翁知屋店舗情報
店主 佐々木優弥
お手入れについて

商品ブランド別

秀衡塗商品はこちら

JODO japan商品はこちら

BRILLIANT SCENE商品はこちら

翁知屋展開別

うるし塗り体験はこちら

翁知屋展開別


カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
最新のエントリー
最新のコメント
過去のエントリー
カテゴリー
リンク

平泉商工会青年部活動
皆さんこんにちは。
最近青年部の活動が続いていたのでご紹介〜。

まずは先週の4日水曜、同じいわて県南の商工会エリアの陸前高田に行って
きました。高田市長の講演と青年会の案内で町の現状を伺ってきました。

高田市長の講演。わかりやすいお話でした。


今後どのような街並みを形成するべきか、子供たちの未来へ向けて
というお話でした。
我々若手の経営者がどんなことで貢献できるのか、考えないといけませんね。

現在陸前高田の象徴になっている一本松。


これを保存することに関しても賛否両論あることを感じました。
震災の『心のよりどころ』という意見と、松の上部の人工保存に
1億円以上かけるのであれば壊滅的な街の現状の中で、もっと早急に
必要的・優先的に予算をつけてやらないといけないことがたくさん
あるという意見と。

こういうことを考えさせてもらえるのは地元の方とお話しできる機会を
頂けたからこそだと思います。

山を崩して土砂をベルトコンベアーを作って運んでいる作業所。
高田で起こっているありのままを見てくれとのことでした。


現状では予算がついても、作業員の確保の問題が大きいようです。
震災前は実際、土木関係は公共工事の減少により、農業や他産業への転業
を進められる状況でしたからね。
技術を持っていた従業員も転職しなければならない現状でしたし。

陸前高田は夏祭りに参加させていただいた以来でした。
見学のあと、青年部の方々と飲み会もして色々と現状を聞きました。
自分がどんなことができるのか全然想像つきませんが、現状を見ていき
話を聞いて、協力できるところを探っていくしかないかと思います。

陸前高田に行くことは、仕事で関わることはないので、毎回すごくいい
機会をいただいていると思っています。


次は、8日日曜日に、第一回中尊寺杯フットサル大会を開催したことです。
今までの競技は野球をしていましたが、チーム数の減少でフットサルに
変更になりました。
7チームが集まり、若い方を中心に60〜70人集まって、大きな怪我
もなく、よかったなと思いました。
ゲームを仕切ってくれた審判団にも感謝しています。




最後は昨日ですが、毎年恒例の平泉町内幼稚園への餅つきを開催して
きました。


園児と一緒にもちついて、もち給食も一緒に食べてきました。
なんだ〜かんだ〜話かけてくれて、カワイイもんですね(笑)
とても癒されました。


週末は青年部の忘年会です。
他の地域も同様だと思いますが、平泉町内も会社経営する若手が
ドンドン減少しているのが状況です。

魅力的な街は色んな会社・商店があって成り立つものだと思っています。
ギラギラ・チャレンジする若手が出てくるといいなぁ〜と思っています。

色々と書きました〜。
このブログを見ている全国の商工会の若手経営者のみなさま、一緒に
がんばりましょう〜。
また平泉に観光に来ることがありましたら、連絡頂けて都合が合えば
少しでも話できますので。

それではまたまた。
| | 佐々木優弥 私事 | 22:31 | comments(0) | - |
京都へ漆研修
皆さんこんにちは。
9月に入りましたね〜。

さて私事ですが、8月30日〜9月1日まで、京都に漆の研修に行ってきました。
国宝の修復現場を見せていただいたり、京都造形芸術大学の先生に、平安時代の
漆器の塗膜の研究の講義をうけたり、漆尽くしでした。

初日は9時過ぎから自由時間に。
一緒に行った名古屋桐箪笥の今岡さんおすすめのバーにて。
Bar K6(ケーシックス)とてもおいしかったです。


最終日は観光をすることにしました。
定番の金閣寺。高校の修学旅行以来でした。


それから龍安寺。いいですね〜。高校のときはそんなこと思うことなかった
のに(笑)


そして最後は、来る前に『SOU・SOU』の若林代表に個人的にアポをとっていたので、お話を伺いに行きました〜。
日々愛用している和装ブランドで、実は今回一番楽しみにしていたことでした。

お話ししてみて、やはり実践で成功している人は洞察も懐も深く、いいアドバイスをいただき、改めていいモノ造りがしたくなりました〜。



それではまたまた。
| | 佐々木優弥 私事 | 00:01 | comments(0) | - |
たかはしじゅんいちさん写真集 『 NIPPON-JIN 』出版
皆さんこんにちは。
GWも終わりです。いかがおすごしでしたでしょうか?

今日は、NY&東京を中心に、世界で活躍している有名写真家 
『たかはしじゅんいち』さんの写真集が出ましたので紹介したいと思います。

ハリウッドスターもバシバシとっていて、ニューズウィークの
世界が尊敬する日本人100人にも選ばれている方です。

タイトルは 『 NIPPON-JIN 』  

私の写真も載っています。
以前に、HPで掲載している顔写真も撮ってもらいました。

発行・発売はA-Worksというところです。
オールカラーです。
ぜひ書店で見かけたらご購入くださいませ。

こちらです。


それではまたまた。
| | 佐々木優弥 私事 | 11:42 | comments(0) | - |
取材掲載記事&アキレス腱を切ってしまいました。
皆さんこんにちは。
寒くなってきましたね。

私事ですが、精神的に追い込まれていたので、リフレッシュしに1か月ぶりにフットサルに行ったのですが、終了間際やってしまいました。
アキレス腱を切ってしまい、友人に乗せられて夜間急患でみてもらい、ただ今松葉つえ生活です。

ほんとに不便で健康であることの大切さを実感します。
楽しみにしていた名古屋松坂屋の展示会もキャンセルせざるをえなくなり、
名古屋の職人さんとの出会いも楽しみにしていたので残念です。

気持ちを切り替えて仕事に集中しろ!!っていうお告げだと思って乗り越えたいと思います。

アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏が亡くなられましたね。
映し出される映像を見るたびに精神的な哲学に心を動かされ、新しいことに挑戦する勇気をいただきます。

新商品には迷いや不安が常につきまといます。
でもやってこれたのは、自分の頭の中で溢れてくる創造された商品は生み出したいし、お客さんをワクワクさせたいし、小さくてもやんちゃで革新的な企業でありたいそんな思いだけです。
スティーブ・ジョブズ氏の背中を押してくれるような言葉の数々に泣いてしまいました。

これからも小さくても最先端のインテリア工芸品を生み出せるようにいたし、世界中が注目してもらえる企業まで育てたいと思います。


仙台リビング新聞社発行『あんふぁん』東北版


漆塗り体験を取り上げていただきました。


奥州市の地域情報誌『Oh!Shun』10月号


『玉小箱』『OKINAシリーズ』取り上げていただきました。



『OKINAシリーズ』の人気商品がサイズアップして木地ができてきました。
石川県山中の工房でお願いして、美しい出来栄えに塗るのが楽しみです。


それではまたまた。
| | 佐々木優弥 私事 | 09:46 | comments(0) | - |
陸前高田市がれき撤去作業ボランティア
皆さんこんにちは。
本日、陸前高田市にがれき撤去作業のボランティアに行ってきました。
中尊寺門前会チームの一員として5人で作業してきました。

写真等を載せてブログで書くべきか迷いましたが、現地の人が毎日の肉体労働作業で本当に疲れているし、精神的に途方に暮れる作業だという言葉をいっていましたので、少しでもボランティアの方が入っていただけると助かると思いますし、またボランティアを考えている方もどのように取次ぎをして入ればいいのか知るきっかけになったり、多くの人が現状を知るきっかけになればと思い掲載することにしました。

まずはボランティア受付会場にて登録をして、ボランティア保険に入ります。ここでどこへボランティアに行くか指示されます。


こちらが許可書です。シールになっています。


大体ががれきの撤去です。木は木でまとめたり、家財は家財でまとめて集める作業です。釘やガラスの破片が散乱しておりますので、長靴や強力ゴム手袋、釘を抜くためのバールなどがあるといいかと思います。

女性には女性に合った作業を指示されるみたいです。
今日の作業は10畳ほどの範囲で、家の土台の解体とがれき運びでした。


はっきり言って陸前高田市は町全体がこの状態です。
いつ終わるとも知れないエンドレスな状態ですね。


様々な支え方があると思うので一概には言えませんが、壊れた家に仕方なく住んでいたり、水がきていないなどの精神的、肉体的に追い込まれている地元の方にとっては、がれき撤去は今後一番必要とされてくると思いました。

持ち物ですが、

長靴
強力ゴム手袋
帽子
マスク
ゴーグル、メガネ
かっぱ
タンクいっぱいの水(手洗い用)
タオル
場合によって着替え
お昼ご飯、飲み物
あればバール・スコップ

こんな感じです。

けがも起こりうるので慎重に判断しなくてはいけませんが、できるならぜひみんなで少しでも救えればと思います。あと土日はやはり多くのボランティアが入って頂いているようで、できるなら平日の午前中とかのほうが助かるようです。

それではまたまた。
| | 佐々木優弥 私事 | 22:21 | comments(0) | - |
最近のお勧めの本
皆さんこんにちは。
桜が咲かないか待ち遠しいこのごろです。

今日は、私は現在月に2,3冊ぐらいしか本が読めませんが、
すごくお勧めの本があったので、就職活動に苦戦している学生さん方
などが参考になればいいなぁとおもいます。
『全脳力』という本です。


本当に簡単に書いてしまうのが申し訳ないですが、自分の中にある才能を自分で信じて育てていかして、生きていくという内容です。
誰もが自分が興味を持てる分野で活躍したいと思っていると思います。
でもなかなか自分の才能を信じるということは、日本人には難しいことです。

でも若い方々がこれからの時代を切り開いて、自分らしく生きていこうとするときに、自分の得意とすることを、社会の感覚を感じながらも、独自の世界観で創造して探求してオリジナルを製作していくということが求められていくのではないかと思います。私の仕事もそのように思って製作しています。

またそのような人が増えてくることによって、魅力的な商品や経済活動が生まれて社会が活性してくるのではないかと思っています。

10歳下の私の弟もただいま大学4年生で就職活動中です。
アドバイスできることは、この機会に多くの会社や職業が世の中にあることを知ってもらうことと、やはり自分の求める仕事を見つける基準は、社会に出ればほとんどの時間を仕事に費やすわけで、毎日の積み重ねが、自分の能力の糧になっていくような仕事がいいんじゃないかと伝えていました。

最近は世界遺産再登録が近くにきているため、関連の情報が多くなってきています。意思にそぐわずに、伝統が表面的に使われてしまうこともあり、残念に思ってしまうこともあります。
本来はしっかりと魅力的な<商品>を、伝統の技法・現代の材料等を駆使して、開発製作し、中身を理解してもらって販売をしていく、王道をいかに活発にしていくかが、どのような状況になっても大切なことだと思っています。
今後も、私には全国に多くの職人仲間ができましたし、刺激を受けながら、お互いにできないところは協力していただきながら、お客さんに求められる商品、あるいは伝統工芸の未来を切り開いていけるような商品を開発製造し、しっかりとその商品の情報がお客さんに届くような販売の方法も考えていきたいと思っております。

世界遺産登録はぜひ、大切な部分を崩さないように実現してほしいことです。

それではまたまた。
| | 佐々木優弥 私事 | 08:58 | comments(0) | - |
8月も終わり(今月は人と話す機会が多かった)
皆さんこんにちは。
8月も終わりです。花巻東甲子園ベスト4すばらしかったです。
それにしても甲子園を優勝するのは、ベンチを含めた全員の総力がそろっていないとなかなか大変なんだとあらためて思いました。

各県を勝ち抜いたチームがさらに頂点を本気で目指すわけですから、
それぞれ生半可なチームではないわけですよね。

さて今月は人と話す機会が多かった月でした。普段のお客様以外でデザイナーや岩手県の方が連れてくるお客様や有名百貨店のバイヤーや大学の同級生やら様々な方々がはるばる小さなお店にお越しいただいて色々と楽しいお話をすることができました。

その度に平泉を案内して、改めて平泉の歴史の背景や重み、数々の遺跡のすばらしさや意味を一緒に勉強できました。

イタリア在住のデザイナーの富田さんは金色堂を初めてご覧になったようで、この平泉の精神のかたまりのようなすごく神聖で思いの詰まったものに見えるとおっしゃっていました。螺鈿などの装飾はどこか日本のものではなくて、ペルシャとかの装飾に近いものを感じると言っていました。

また、今まで平泉に大学時代の友人が時期バラバラで4人ほどきているのですが、共通しているのが、みなさん彼女と別れた直後でした。
平泉町を観光して、緑と空気の美しさに癒され、おいしい前沢牛食べて、温泉にゆっくりつかり、お酒を飲みながらじっくりと話をして帰っていく感じです。

まるで傷心の源義経が藤原秀衡を頼って元気を取り戻すような雰囲気が、今も平泉にはあるんでしょうかね。
そういえば初代藤原清衡が前九年・後三年の役で、父親が殺されたり、異父兄弟と戦をしなければならなかった歴史から、すべての人や動物や生けるものを供養し、平和な理想郷の世界を創造して作ったのが中尊寺ですから、通じるものがあるのかもしれません。

<別れた傷心を癒しにくる>なんかそれも平泉らしくていいと毎回思っています。

精神的に弱っている方、ぜひ平泉に来て癒されてください。中尊寺や金色堂でお祈りをし、精神を安心させて、歩きつかれたら一面芝生と池になっている観自在王院庭園でボーっと昼寝をするのもいいですよ。私もたまにデザインやアイデアに行き詰ったとき、いすに座ってボーっとしています。

毛越寺の庭園をゆっくり歩くのもいいです。単に庭園や池といっても、当時の一流の庭師が製作したものですから、ゆるやかなカーブで造られた池に、木々の配置がすばらしいですよ。

また義経が居住し最後自害したと伝えられる高舘で、芭蕉の気分を味わうのも最高です。階段を登りきったときに広がる束稲山と北上川に心が奪われます。
そして石碑に目をやると芭蕉が「夏草や兵どもが夢の跡」と詠んだ句が300年以上経った今も素直に心にひびきます。芭蕉が平泉を訪れたのが平泉の100年の栄華が滅んでから500年後の平泉。歴史の重みを感じます。

眼下に広がる夏草が風に揺れ光る様を眺めた芭蕉が、100年にわたり平泉文化を築き上げた奥州藤原氏の栄華や、この地に散った義経公を思い、もののあわれ(平安時代の美的理念の表現)を詠みあげた句に共鳴できる私の一押しお薦めスポットです。

時々鎌倉からの観光客が平泉を訪れたときに聞かれるのが、「平泉の人は今も鎌倉に恨みがありますかね〜」なんか言われます。そういう気持ちは全くなくて、戦の世の中で繁栄や衰退はそれぞれの時代に当たり前にあり、鎌倉幕府・北条氏も戦があり、150年後に滅んでしまうわけですから。

それにもしかすると当時の平泉の住民は滅ぼされたり、秋田や青森や山形に逃げて、1000年以上前から代々平泉に住んでいる人は今は少なくて、鎌倉から移り住んだ人の子孫かもしれませんし、なによりもすべてのものを分け隔てなく供養し尊重するすばらしい浄土思想が平泉にはあるわけですから。

平泉は歴史観やそれぞれの日本史の登場人物の思いなどと絡めながら、じっくりと堪能していただきたい場所です。

ぜひお越し下さいませ。


今日は総選挙日。まさに時代の変わりめになる大切な日かもしれません。

それではまたまた。
| | 佐々木優弥 私事 | 17:11 | comments(0) | - |
同級生
皆さんこんにちは。
しばらくブログを更新していなくてすいません。
結局今年はむさくるしい熱い夏は来なかったですね。

でも「花巻東」が熱いです!!ベスト8まで進み、今日ベスト4をかけて
試合をします。とにかく日本一を公言し、着々と実行している姿が岩手県人としてすごくうれしいし、この厳しい時代に明るい話題と戦う姿勢に勇気付けられます。本気になれることがあるって大事ですよね。

先週はお盆なので、友人が帰省していて、久々に中学校の同級会をしました。時代を反映していまして、女性も仕事をしている・派遣切りに合った人がいたり、独身が多い等様々でした。

その中で派遣切りに合った中学校からの友人が、南部鉄器の職人に仕事が決まったと連絡がありました。15年以上一緒にいるので性格もわかるのですが、正直派遣の仕事をしているときには話をしても「仕事で責任を取りたくないし、楽に稼ぎたい」とかの言葉が目立ち、話が合わないこともありました。

そんな友人も派遣切りに合い5ヶ月も無職の生活を送っていて、私も連絡しにくかったのですが、久々にあって話をすると意識が変わっていたのでよかったなと思いました。
やはり特に田舎の現状の就職活動は大変らしく、求人2人のところに30人近く応募が殺到したりするようです。

でもやってきた仕事が派遣で工場のラインだと、何も保証もなく、経済不況になるとやみくもに切られて、次の職を探すにも自分の知識やウデが身についていないことがわかったんだそうです。だから今度はしっかりと知識や経験が身につくようなところを探したとのことでした。

そういう意識は絶対重要なことですよね。仕事って金銭面だけの判断だけでは決めないほうがいいような気がします。やっぱり人生のほとんどの時間仕事をしているので、充実して着々と能力が身についていくような仕事をしていないといけないような気がします。

南部鉄器は伝統工芸の中でも輸出を盛んにやっていて、景気に判断されない強い会社もあると聞いていましたので、よかったです。でも仕事はハードで重たいし、熱いしで25歳ぐらいだったらすぐやめていたと言っていました。一通り南部鉄器の製作を覚えた5年後ぐらいに、なんか一緒にかっこいい商品を製作して売り出そうよ!!と話してきました。

やっぱり本気で仕事をして、知識や経験や様々な人との出会いを蓄積して、自分で何かを生み出し、人生を楽しく充実させることができると幸せなのかな〜と私は感じています。

伝統工芸の仲間がまた一人できたのでうれしいし、切磋琢磨して行こうと思います。

それではまたまた。



| | 佐々木優弥 私事 | 07:20 | comments(0) | - |
中尊寺 能楽堂 謡のお披露目
皆さんこんにちは。
昨日は中尊寺能楽堂にて謡のお披露目をしてきました。
『竹生島』という題の謡で9名で、喜桜会連合大会に出てきました。

皆さんかなり練習をしてきて、緊張しながらも自信を持ってできたのでは
ないかと思いました。ただ外でうたう事はなかったので、どれだけ客席に
とどいているのかわかりませんでしたが・・・。

謡風景


終わってから多門先生と写真


伊達藩に建てられた能楽堂で、大変貴重な経験ができてすごく満足でした。

終了後みんなでビデオをみながら、打ち上げをしたのは言うまでもありません。

それではまたまた。

| | 佐々木優弥 私事 | 10:05 | comments(0) | - |
長沼静きもの学院 盛岡校 時代衣装講座
皆さんこんにちは。
連日の盛岡出張してきました。

今回は、先月末〜5月連休まで盛岡のカワトクにて行った翁知屋の新作
展示・販売にお越しいただいたお客様からの提案でご招待いただきました。

その方は<長沼静きもの学院>盛岡校の学長さんでして、私の<溜ゆい>
をご覧になって、着物の帯止めを製作したらどうでしょうかと提案いただき
ました。私はなかなか着物をじっくりと見る機会がなく、わからないこと
だらけでしたので、実際の現場に招待していただけるとのことで、今日行ってきました。

盛岡のグランドホテルで行われ、まずコース料理を頂きまして、
本日は時代衣装講座ということで、藤原時代のお姫様の衣装の着付けを
プロの着付け師が実際におこなっていました。

着付け風景


着付け完成


学園長の長沼静さんもきていました。


私が持っていった<溜ゆい>。色サンプルとして持って行きました。
帯止めの商品としては楕円形になる予定です。

今回はけっこうマーブル塗りを様々な色の組み合わせと塗り方で
製作してみました。ご覧になった方の中に、なぜか<おいしそう!>と
いわれた方がいて、マーブルチョコにでも見えたのでしょうか!?


50名ぐらいの参加者がいて、皆さん着物を着ていまして、帯止めに
ついての大きさや好みなどを聞いたり、様々な色や模様の着物を見る
ことができたので大変勉強になりました。

今度は平泉町の毛越寺で秋の紅葉がきれいなときに、十二単衣の
着付けをしてもえたらいいだろうなぁ〜と思いました。

それではまたまた。

| | 佐々木優弥 私事 | 21:27 | comments(0) | - |
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.